野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 名門の逆襲に必要不可欠 上原浩治が41歳で迎える来季の起用法は?

名門の逆襲に必要不可欠 上原浩治が41歳で迎える来季の起用法は?

米スポーツ情報サイトの「SBネーション」がレッドソックスの上原浩治投手の来シーズンの起用法について伝えている。逆襲に意気込む名門球団にとって、来季もその肩に大きな期待がかけられていることは明白だ。

20150507_uehara

レッドソックスで最も素晴らしいリリーバー、来季起用法には2つの選択肢

 米スポーツ情報サイトの「SBネーション」がレッドソックスの上原浩治投手の来シーズンの起用法について伝えている。

 今シーズン地区最下位に低迷したレッドソックスの不安要素であるブルペン陣の再編は、タイガースからレッドソックスの野球運営部門社長に転身した、デーブ・ドンブロスキー氏にとって大きなミッションとなっている。

 上原は8月7日のタイガース戦で右手首に打球を受けて骨折。残りのシーズンを棒に振った。それでも記事では、離脱する前までに残した防御率2.23、47奪三振、わずか9四球という好成績を改めて紹介。上原が現状のレッドソックスにおいて最も素晴らしいリリーバーであるとの認識を示している

 その一方で、来季41歳になる上原が過去に肘を痛めるなど不安要素が存在していることにも言及。加齢ともに故障のリスクが再燃することにも触れ、来季の状態の見極めの重要性を伝えている。

 その上で、名門球団の再建を担うドンブロスキー氏には、上原を再びクローザーとして起用する、もしくは補強をして上原をセットアップとして再配置する2つの選択肢があると指摘している。

人気記事ランキング