野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス内川が連夜の決勝打 「気分は最高です」

ソフトバンクの内川聖一外野手が15日、ロッテとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(ヤフオクドーム)で決勝打を放ち、連夜のお立ち台に立った。

日本シリーズ進出王手も「あと1勝するまでは100%ではない」

 ソフトバンクの内川聖一外野手が15日、ロッテとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(ヤフオクドーム)で決勝打を放ち、連夜のお立ち台に立った。主将の一打などで6-1と快勝したホークスはアドバンテージの1勝を含め3勝0敗とし、2年連続となる日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 1-1で迎えた6回2死一、二塁。4番・内川がここで左中間を破るタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越した。李大浩、吉村にもタイムリーヒットが飛び出してこの回一挙5得点。試合を決めた。

 内川は第1戦でも延長10回にサヨナラ打。試合後、6回1失点と力投したバンデンハークとともにお立ち台に立つと、連夜のヒーローインタビューに「気分は最高です。こんな気持ちいいことはない」と笑みをこぼした。

 決勝打の場面を「久々のチャンス。ここで打つしかないと思った」と振り返った内川。チームは2年連続となる日本シリーズ進出に王手をかけたが、「あと1勝するまでは100%ではない」と気を引き締めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中