野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

地区S敗退のレ軍、さらなる躍進へ「ダルビッシュ有の復帰が最高の助けに」

レンジャーズは14日(日本時間15日)の地区シリーズ第5戦でブルージェイズに3-6で敗れ、2勝3敗で敗退が決まった。それでも、前評判が低かったシーズンで快進撃を見せ、プレーオフ進出を達成。米メディアは、3月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けて今シーズンを棒に振ったダルビッシュ有投手の復帰が、来季のさらなる躍進につながると予想している。

20150126_darvish

トミー・ジョン手術からの復帰が待望されるダルビッシュ

 レンジャーズは14日(日本時間15日)の地区シリーズ第5戦でブルージェイズに3-6で敗れ、2勝3敗で敗退が決まった。それでも、前評判が低かったシーズンで快進撃を見せ、プレーオフ進出を達成。米メディアは、3月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けて今シーズンを棒に振ったダルビッシュ有投手の復帰が、来季のさらなる躍進につながると予想している。

 FOXスポーツ(電子版)は、レンジャーズの今オフの補強ポイントなどについて特集。「ダルビッシュの復帰が最高の助けになる」とのタイトルで記事を掲載している。

 就任1年目のジェフ・バニスター監督に率いられたレンジャーズが、ダルビッシュだけでなく、左腕ホランドも左肩の故障でシーズンの大半を欠場した中、驚きの地区制覇を成し遂げたことに言及。ただ、来季も躍進するには厳しい要素があるとした上で「レンジャーズが今オフに対処すべき3つの事柄がある」と指摘している。

 1つ目に挙げられているのが、強固な先発投手陣の形成だ。その中で「ダルビッシュが肘の怪我で2015年シーズン絶望となったことは、(レンジャーズが)今年もアーリントンで失望のシーズンを送るという多くの仮定につながった」と言及。ただ、元広島のルイスや、若手のゴンザレス、マルティネスらが粘りの活躍を見せ、その仮定を覆したとしている。

人気記事ランキング