野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神新井、“同期移籍組”藤井の引退惜しむ 「中身が最高でした!」

阪神新井、“同期移籍組”藤井の引退惜しむ 「中身が最高でした!」

阪神の新井良太内野手が16日、自身のブログを更新し、今季限りで現役引退した藤井彰人捕手へ感謝の言葉を綴っている。

「男気が凄くて人情味があって、男前!」

 阪神の新井良太内野手が16日、自身のブログを更新し、今季限りで現役引退した藤井彰人捕手へ感謝の言葉を綴っている。

「藤井さんは一緒の年にタイガースに来て以来、5年間本当にお世話になりました。野球のことをすごく知っていて、配球であったり試合の流れとか、本当によく勉強させてもらいました。ありがとうございました!」

 2011年、新井は中日からトレード移籍。藤井はFA宣言でともに阪神にやってきた。そんな同期移籍組としても藤井を慕っていた新井は「何より藤井さんの中身が最高でした! 男気が凄くて人情味があって、男前!」と敬意を表した。

 また、ファンに対して「今季もたくさんの応援ありがとうございました! 熱い声援を送って頂きましたが、自分自身、思うような成績を残すことが出来ず悔しいシーズンでした。20日からまたチームでの練習が始まるので、来年こそは! という強い気持ちで、プレーに全力を注ぎたいと思います」と感謝の思いを綴った新井。今季93試合で打率.193と不本意な成績に終わったシーズンを振り返り、来季の飛躍を誓っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中