野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 王手のヤクルトが「断然有利」も… 日本Sへ、両チームが第4戦ですべきこと

王手のヤクルトが「断然有利」も… 日本Sへ、両チームが第4戦ですべきこと

野口寿浩氏は第3戦の勝敗を分けた場面として、5回の巨人の攻撃を挙げた。

東京ヤクルト神宮

第3戦で勝敗を分けたポイントは?

 ヤクルトがクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で巨人を2-0で下し、アドバンテージを含めて3勝1敗と日本シリーズ進出に王手をかけた。先発館山が好投し、打線は今浪のタイムリーなどで菅野から2点を奪取。17日にも突破が決まる。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏は「当然ですが、ヤクルトが断然有利になって、巨人は厳しくなりました」と指摘。第3戦の勝敗を分けた場面として、5回の巨人の攻撃を挙げた。

 両チーム無得点で迎えた5回、巨人は立岡のツーベースで2死二塁のチャンスを作り、打席には片岡が入った。シリーズ無安打で、3回にはフォークで空振り三振に倒れていた2番打者は、ここでも追い込まれてからフォークで空振り三振に倒れた。

 野口氏は、片岡が打席に向かうところで「このシリーズで片岡はまったく当たってないので、代打で行くべきではないかな」と指摘。結果的に空振り三振に終わり、無得点に終わったことで、巨人に流れは傾かなかった。

人気記事ランキング