野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 【セCS】14年ぶり日本シリーズへ、ヤクルトが初回に2得点! 山田が先制適時打!

【セCS】14年ぶり日本シリーズへ、ヤクルトが初回に2得点! 山田が先制適時打!

クライマックス・シリーズ最終ステージ第4戦が17日、神宮球場で行われ、14年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけているヤクルトが初回に先制点を奪った。

巨人は野選でピンチ招く、井端はグラブに入れながらも捕球出来ず… 先制点を献上

 クライマックス・シリーズ最終ステージ第4戦が17日、神宮球場で行われ、14年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけているヤクルトが初回に先制点を奪った。

 ヤクルトは初回、CS打率.091の上田に代わり「1番・センター」に入った比屋根が右中間への二塁打を放つ。しかし、続く川端の投ゴロを巨人ポレダが捕球し、二塁ランナーの比屋根が飛び出した。狭殺プレーになるかと思いきや、ポレダからショート坂本への送球が低めになると、坂本の体勢が崩れ、その隙に比屋根は三塁ベースに達した。このフィルダースチョイスで無死一、三塁となった。

 そして、3番・山田が打席へ。その3球目、152キロの速球を捉えた打球はセカンド後方に高く上がると、守備位置を前にしていた井端が後退。何とか追いつき、グラブに一度は入りかけながらも捕球できず、先制タイムリーヒットとなった。

 さらに、畠山が四球で無死満塁とすると、バレンティンの併殺の間に2点目が入った。14年ぶり日本シリーズ進出に王手をかけているヤクルト。初回に大きな先制点が入り、先発の2年目右腕の杉浦に援護点をもたらした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中