野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • Rソックス時代に松坂大輔が成し遂げた“偉業” トップ3位入りした記録とは

Rソックス時代に松坂大輔が成し遂げた“偉業” トップ3位入りした記録とは

松坂大輔投手(現ソフトバンク)がレッドソックス時代に達成したある“偉業”が地元メディアにクローズアップされている。

松坂は「ロードウォーリアーズ」だった!?

 ア・リーグのサイ・ヤング賞最有力候補とされるアストロズのダラス・カイケル投手は今季、20勝8敗、防御率2.48という圧巻のピッチングでチームのプレーオフ進出に貢献した。本拠地15勝無敗という圧倒的な成績でメジャー記録を更新したが、このことで松坂大輔投手(現ソフトバンク)がレッドソックス時代に達成したある“偉業”が地元メディアにクローズアップされている。地元紙「ボストン・グローブ」が「ホーム・クッキング」との小見出しで報じている。

 記事では、今季のカイケルが本拠地ミニッツ・メード・パークで18試合に先発し、15勝無敗という圧巻の記録を樹立したことを「歴史的な優秀さ」と評価。これは1914年以降、メジャーリーグの本拠地記録として最高の成績だったという。

 さらに、1970年以降、本拠地と敵地でそれぞれ最高の成績を残したピッチャーを紹介。「ロード・ウォーリアーズ」という敵地無敗ランキングで、かつて「Dice-K」と呼ばれ、2007年のワールドシリーズ優勝翌年にレッドソックスで18勝3敗と好成績を残した松坂がランクインしている。

「ロードウォーリアーズ」の1位は1995年のグレッグ・マダックス投手(ブレーブス)。昨年、資格取得1年目で米国野球殿堂入りを果たした名投手は、ロードで13勝無敗をマーク。防御率1.12という凄まじい成績を誇った。このシーズンの通算成績は19勝2敗、防御率1.63。敵地での成績が際立ち、サイ・ヤング賞、最優秀防御率、最多勝に輝いた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中