野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本シリーズで初顔合わせ ヤクルト、ソフトバンクどっちが有利?

今週の土曜日、10月24日から、ついに日本の頂点を決める日本シリーズが始まる。

20151020_chart2

ともに強力打線、鉄壁リリーフ陣を誇る両チームが24日から激突

 今週の土曜日、10月24日から、ついに日本の頂点を決める日本シリーズが始まる。今季は2年連続でパ・リーグを制したソフトバンクと、14年ぶりにセ・リーグを制したヤクルトの対戦に決まった。リーグ優勝を果たしたチーム同士の、文字通り、日本一を決める対戦となった。

 ソフトバンクとヤクルトが日本シリーズで対戦するのは、それぞれの前身である南海やダイエー、国鉄などを含めても、初めてのこと。初顔合わせとなる両球団だが、今季のチームカラーはチーム成績を見ると、どことなく似ている印象を受ける。

 まず、両球団ともにリーグトップの打線を武器としている。ソフトバンクはチーム打率2割6分7厘、651得点、141本塁打が全てリーグトップ。首位打者&トリプルスリーを達成した3番の柳田悠岐から、4番の内川聖一、5番の李大浩、6番の松田宣浩とつながる中軸は脅威で、リーグ1位の長打率4割8厘と破壊力を持つ。

 ヤクルトは打率2割5分7厘、574得点がセ・リーグ1位。107本塁打はリーグ2位だが、223二塁打がリーグトップ。セ1位の長打率3割7分7厘と長打力を持ち合わせている。柳田同様に首位打者を獲得した2番の川端慎吾、トリプルスリーを達成した3番の山田哲人から、4番の畠山和洋、バレンティン、雄平とつながる打線がチームの核である。

人気記事ランキング