野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAラミレス新監督、監督業にかける思い 「フィールドでは日本語使いたい」

DeNAラミレス新監督、監督業にかける思い 「フィールドでは日本語使いたい」

21日に横浜市内で就任会見に臨んだDeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)。現役時代、輝かしい成績を刻んだ助っ人は監督としても結果を残せるか。ラミレス新監督の所信表明、新監督に対する球団側の思いを紹介したい。

就任会見で語った決意、「優勝を争えるチームにしたい」

 21日に横浜市内で就任会見に臨んだDeNAのアレックス・ラミレス新監督(41)。その言葉の端々に、監督業にかける思い、優勝を目指す闘志がにじんだ。契約期間は2年で背番号は「80」に決定。ともに出席した高田GMは手厚いサポートを約束し、大きな信頼と期待を寄せた。現役時代、輝かしい成績を刻んだ助っ人は監督としても結果を残せるか。

 以下にラミレス新監督の所信表明、新監督に対する球団側の思いを紹介したい。

ラミレス監督「みなさん、こんにちは。横浜DeNAベイスターズの監督のアレックスラミレス、ラミチャンです。よろしくお願いします。まずは、この場所にいられることを大変光栄に思っています。このすばらしい横浜という街でこれからチームを作っていけることを大変楽しみにしています。長年横浜の皆さまが待ち続けている優勝できるチームにできることを目指して一生懸命やっていきたいと思います。よろしくお願いいたします」

――今回監督を引き受けた理由を教えてください。

ラミレス監督「数年前に選手としてDeNAベイスターズにいた時に目的をもってチームにいました。そして、多くの若い選手と能力のある選手たちとプレーをして選手時代を過ごしました。現役を終えてから、少し時間が空きましたが、もう1度ここへ戻ってきてキャリアを再スタートでき、まさに夢がかなったと思います。このような機会をいただけた横浜DeNAベイスターズに最大限感謝をしてファンのみなさま、応援してくださる横浜のみなさんに感謝したいと思います」

――現役時代から、いつか日本で監督をやってみたいと話をされていました。今回の監督就任のタイミングは、ご自身ではどう思う?

ラミレス監督「現役時代の時にもいつか監督になるのが夢だと申していましたが、少し監督になるタイミングとしては早かったのかなと自分では思っています。しかし、このような素晴らしい機会をいただけて、自分の現役時代の良い成績がこのような機会をいただけることになったのではないかなと思います」

――今回ラミレス新監督を迎え入れることになった経緯を教えて下さい

高田GM「現役の時から『現役を終えたら将来は日本で監督をやりたい。できたらDeNAベイスターズで監督をやりたい』という目標をもっていましたし、また監督を選ぶ上で新しい監督に来てもらった時に、また一からチームの選手の戦力を把握したり、能力をつかむまでには相当時間がかかるので、できたらチームをよく知ってもらっている方に監督にってことで、ラミレス監督にお願いしました」

――今回の監督人事にあたってほかにも候補がいたのか、あるいはまずはラミレスさんから名前が挙がったのか。

高田G「最初に私たちの方から、何度かラミちゃんと会ってね、考え方というか、面談、話をした上で、ぜひラミレスにお願いしたいと。そして我々は来年から勝負したいという強い気持ちがありますから、お願いしました」

――期待することは?

高田GM「日本の野球をよく知っている。実績(2000本安打)もあるし、日本の野球を、外国人ですけどもよく知っているし、また、本人を前にあれですけど……、非常に頭の良い人でして、ピッチャーを攻略するにも、何にも考えないでバットを振っている選手ではなかったので、いろんな攻略を考えながらやっていた選手だったし、もちろん投手の継投や作戦については、まだまだ新しい初めての監督ですから、これはどの人にお願いしても同じことですから、あとはしっかりとした経験のあるコーチなどにサポートをお願いして層を厚くしてやっていきたいと思います。間違いなくいい結果を出してくれると期待しています」

――球団としてどのような期待を?

池田社長「やはり、来年、是が非でも勝ってもらいたい。横浜のみなさんも結果を求めていると思いますので、高田GMからもありましたけど、選手のこともよくわかってるでしょうし、横浜のこともよくわかってるでしょうし、横浜スタジアムのこともよくわかっているでしょうし、球団もよくわかっているので、もう秋キャンプからいろいろな準備を重ねて是が非でも横浜のために勝ってもらいたいと思っています」

――今年は、首位でターンしながらも最下位でシーズンを終えました。新しいチームを率いるにあたって、これまでこのチームをどうみてきたのか、ご自身はこのチームをどう変えたいのか教えて下さい。

ラミレス監督「もちろん今シーズンの結果は無視できない事実ですけど、やらなければいけない、些細なことをしっかりとできるチームにしたいと思っています。失敗を恐れずにポジティブに受け止め、今年の経験を生かしながら来年につながっていくような練習ができればと思っています。しっかりとよりよいチームが作れるように、秋季キャンプからスタートしていきたいです」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中