野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム有原が背部膿瘍切除 「オフの練習に少しでも遅れが出ないように」

日ハム有原が背部膿瘍切除 「オフの練習に少しでも遅れが出ないように」

日本ハムは、有原航平投手が23日に埼玉県内の病院で背部膿瘍(のうよう)切除術を受け、無事に終了したと発表した。

2週間程度入院へ、「練習再開後は来季へ向けてしっかりトレーニングを」

 日本ハムは、有原航平投手が23日に埼玉県内の病院で背部膿瘍(のうよう)切除術を受け、無事に終了したと発表した。今後は2週間程度入院し、状態を見ながら鎌ヶ谷のファーム施設で練習を再開する予定となっている。

 有原は「オフ期間の練習に少しでも遅れが出ないよう、早い段階で手術を受けました。入院している間は安静にし、練習再開後は来季へ向けてしっかりとトレーニングを行っていこうと思います」とコメント。

 1年目の今季は18試合に登板し、8勝6敗、防御率4.79の成績を残している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中