野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】松田も高谷も川島も…「打ったのはシンカー」 ホークスが石川打ちで3点奪取

ソフトバンクが24日のヤクルトとの日本シリーズ第1戦(ヤフオクドーム)で“シンカー打ち”で3点を先制した。

ソフトバンク

ヤクルト先発・石川のシンカーを狙い打ち?

 ソフトバンクが24日のヤクルトとの日本シリーズ第1戦(ヤフオクドーム)で“シンカー打ち”で3点を先制した。

 4回1死で松田が石川から左中間スタンドへ先制弾。その後、3本のヒットが続いて2死一、三塁とすると、高谷の当たり損ねの打球はコロコロと三塁線を転がり、適時内野安打に。1番・川島も古巣への“恩返し”となる中前適時打を放ち、6連打で3点のリードを奪った。

 松田は「打ったのはシンカーかなぁ。うまく打てました。先制できて良かったです」とコメント。高谷は「打ったのはシンカー。武田(投手)が頑張っているので、一生懸命走りました」と振り返り、川島も「打ったのはシンカー
こういう試合でのヒット、タイムリーは初めてなんで、本当に嬉しいです。嬉しいです」と話した。

 打点を挙げた全員が「打ったのはシンカー」と証言。先発・武田にとっては大きな援護となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング