野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ホークスが勝てばV確率77% 日本Sを左右する第2戦の鍵は先発投手にあり

ホークスが勝てばV確率77% 日本Sを左右する第2戦の鍵は先発投手にあり

初戦で勝ったチームは日本一確率63%。第2戦で連勝すれば、V確率は77%となる。シリーズを大きく左右する25日の第2戦の勝負ポイントを占った。

full-count3

ヤクルト小川は交流戦のソフトバンク戦で炎上しているが…

「SMBC日本シリーズ2015」が24日にヤフオクドームで開幕し、第1戦はソフトバンクがヤクルトを4-2で下して先勝した。

 初戦で勝ったチームは日本一確率63%。第2戦で連勝すれば、V確率は77%となる。シリーズを大きく左右する25日の第2戦の勝負ポイントを占った。

 ヤクルトは小川泰弘、ソフトバンクはリック・バンデンハークの先発が予想されている。共に日本シリーズ初登板初先発となるが、ライアン小川の出来が勝敗の鍵を握りそうだ。

 悪夢がある。5月29日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で6回9安打7失点。柳田、内川、李大浩、松田と自己ワーストの4被弾を浴びている。直球が走らず、決め球のフォークも落ちずで本調子ではなかったが、主力打者に打たれているのが気がかりだ。

 小川は前回15日の巨人とのCSファイナル第2戦(神宮)では8回5安打無失点で勝利投手となっている。今季チームトップの防御率3.11で11勝(8敗)を挙げた右腕が、初戦で先発全員15安打と爆発した鷹打線を止められるか。

人気記事ランキング