野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】ホークス李大浩、左翼ポール際へ先制2ラン 「うまく打つことができた」

ソフトバンクの李大浩内野手が25日、ヤクルトとの日本シリーズ第2戦(ヤフオクドーム)で豪快な先制アーチを描いた。

内川不在の4番に座り打線を牽引

 ソフトバンクの李大浩内野手が25日、ヤクルトとの日本シリーズ第2戦(ヤフオクドーム)で豪快な先制アーチを描いた。

 待ちに待った先制点だ。4回無死一塁。初球、114キロのカーブを思い切り振り抜いた。大きな放物線を描いた打球は左翼ポール際へ。李大浩はスイング後、本塁付近で左翼席への着弾を確認。シリーズ1号2ランとなり、悠々とダイヤモンドを駆け抜けた。

 本人は「打ったのはカーブ。昨日から調子よく打てているので、タイミングを崩されつつも、うまく打つことができました。バンディ(バンデンハーク投手)がいいピッチングをしているので、先制できて良かったです」とコメント。

 キャプテンの内川が肋骨骨折で欠場し、シリーズでは4番に入る。24日の第1戦では4打数3安打とマークし、バットは好調だった。昨季は日本シリーズを含め全試合で4番を務めた韓国の大砲。もう“代役”ではない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中