野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “ホームランもぎ取り男”、ツインズのハンターが現役引退へ

“ホームランもぎ取り男”、ツインズのハンターが現役引退へ

ツインズのベテラン外野手、トリー・ハンターが今季限りで現役を引退すると、地元紙「スター・トリビューン」が報じた。

full-count10

02年のオールスターでボンズの大飛球をスーパーキャッチ

 ツインズのベテラン外野手、トリー・ハンターが今季限りで現役を引退すると、地元紙「スター・トリビューン」が報じた。

 ハンターは1993年にドラフト1巡目(全体10位)でツインズから指名されて入団。01~09年に9年連続でゴールドグラブ賞に輝くなど守備の名手として知られ、メジャーデビュー後は瞬く間にスター選手となった。

 02年のオールスターではセンターで先発出場し、バリー・ボンズの右中間へのフェンスオーバーの大飛球をジャンピングキャッチ。ホームランをもぎ取るスーパープレーは、オールスターの名場面として語り継がれている。この時のライトはイチローだった。

 08年からエンゼルスに移籍し、守備力の低下もあって10年からはライトにコンバート。この年は、ヤンキースから移籍してきた松井秀喜ともチームーメートとしてプレーした。

 13年からタイガースに所属し、打率3割4厘、2割8分6厘と2年連続で好成績をマーク。今季から古巣ツインズに復帰したが、打率2割4分と大きく数字を落としていた。

 40歳になったハンターは同紙の中で「その時が来た。まだ野球を愛しているが、時間が精神的にも肉体的にも私に負担をかけている」と胸の内を明かしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング