野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルト山田の日本S史上初3本塁打に真中監督も脱帽 「鳥肌が立ちました」

ヤクルト山田の日本S史上初3本塁打に真中監督も脱帽 「鳥肌が立ちました」

今季、トリプルスリーを達成した山田哲人内野手が3打席連続本塁打。日本S史上初となる1試合3本塁打で5打点を挙げる活躍を見せ、チームを初勝利に導いた。

東京ヤクルト神宮

第3戦でシリーズ初勝利、5打点の主砲に「素晴らしいバッティングでした」

 日本シリーズ(S)第3戦が27日、神宮球場で行われ、ヤクルトが8-4でソフトバンクに勝利した。今季、トリプルスリーを達成した山田哲人内野手が3打席連続本塁打。日本S史上初となる1試合3本塁打で5打点を挙げる活躍を見せ、チームを初勝利に導いた。

 山田が初回に2ラン、3回にソロと2度の勝ち越し弾を放ちながら、いずれも直後の相手の攻撃で追いつかれる苦しい展開。5回にはついに1点を勝ち越されたが、その裏に山田がこの日3本目となる2ランを放ち逆転。8回にも追加点を奪い、快勝した。

 試合後、勝利監督インタビューに応じたヤクルトの真中監督は「本当に僕自身も鳥肌が立ちました。素晴らしいバッティングでした」と主砲の活躍に脱帽した。2連敗で迎えた本拠地での第3戦で大きな白星を挙げて1勝2敗。シリーズの流れがガラリと変わりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング