野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本S初勝利ヤクルト、山田の影で光ったV継投「シーズン同様抑えてくれた」

日本S初勝利ヤクルト、山田の影で光ったV継投「シーズン同様抑えてくれた」

日本シリーズ第3戦が27日、神宮球場で行われ、ヤクルトが8-4で勝利し、対戦成績を1勝2敗とした。就任1年目の真中満監督は初のシリーズ勝利監督インタビューを受けると、この日、6回以降二塁を踏ませない好投を見せた救援陣に賛辞を送った。

東京ヤクルト神宮

久古、オンドルセク、バーネットの必勝リレーに真中監督「ナイスピッチングです」

 日本シリーズ第3戦が27日、神宮球場で行われ、ヤクルトが8-4で勝利し、対戦成績を1勝2敗とした。就任1年目の真中満監督は初のシリーズ勝利監督インタビューを受けると、この日、6回以降二塁を踏ませない好投を見せた救援陣に賛辞を送った。

「ちょっと嫌な流れだったので今日のひとつは大きいと思います」

 序盤から先発杉浦が失点を重ねる苦しい試合展開だったが、主砲・山田の3打席連続本塁打でなんとかリードを保ったヤクルト。すると、試合後半からはCSファイナルステージで4戦計6失点、ポストシーズンも安定感を見せる自慢のリリーフ陣が登場。6回は石山、7回1死からは久古、オンドルセク、バーネットの必勝リレーでソフトバンク打線を無失点に抑え、勝利を飾った。

「序盤苦しい展開だったですが、本当に中継ぎ陣がシーズン同様しっかり抑えてくれた。ナイスピッチングです」

 5回までで両軍合わせて5本塁打。打者有利の追い風の中、荒れた空中戦を沈静化させたリリーフ陣を褒め称えた指揮官は、「でも、まだまだですから、1つだけですから、ここからもっともっとやっていきたいと思います」とさらなる勝利で日本一に突き進むことを宣言。「1つずつ大事に戦って頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

 この日、3本塁打5打点の活躍でソフトバンク投手陣を圧倒した山田がクローズアップされる中、自慢のリリーフ陣も役割を果たした。強敵・ソフトバンク相手に2戦2敗。嫌なムードで迎えた第3戦だったが、前半でリードする展開に持ち込めれば勝機はある――そう思わせる試合運びを十分に見せ付けた。

 混戦のセ・リーグを制した必勝パターンで落ち着きを取り戻した。第4戦からの逆襲も期待できそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング