野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日本S】王手のホークス、李大浩が先制2ラン! 微妙な当たりでビデオ判定も覆らず

日本シリーズ第5戦が29日、神宮球場で行われ、李大浩内野手が4回に先制2ランを放った。対戦成績3勝1敗と日本一に王手をかけているソフトバンクが2点を先制した。

レフトポールの上を越える完璧アーチ、真中監督は抗議も実らず

 日本シリーズ第5戦が29日、神宮球場で行われ、李大浩内野手が4回に先制2ランを放った。対戦成績3勝1敗と日本一に王手をかけているソフトバンクが2点を先制した。

 3回、1死三塁からヤクルト先発・石川の高めのボールを完璧にとらえると、打球はレフトポールの上を大きく越える弧を描き、ソフトバンクファンの待つレフトスタンドに飛び込んだ。

 李大浩は悠々とダイヤモンドを一周。その後にヤクルトの真中監督が判定に対する抗議を行い、ビデオ判定に持ち込まれたが、判定は覆らず。「ホームランで再開します」と主審のコールがあると、李大浩は右手でガッツポーズ。4番の先制2ランが認められ、ソフトバンクが日本一連覇に向けて前進した。

 李大浩は「打ったのはカットボール。文句なしの当たり、切れるかどうかだけでした」とコメントした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中