野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 【日本S】崖っぷちのヤクルト、石川が5回途中降板…ホークスは明石が中押しの適時打

【日本S】崖っぷちのヤクルト、石川が5回途中降板…ホークスは明石が中押しの適時打

日本シリーズ第5戦が29日、神宮球場で行われ、ヤクルト先発の石川が4回1/3を4失点で降板した。

東京ヤクルト神宮

降板直後に川端エラーで傷口拡大、2番手石山も火消し出来ず

 日本シリーズ第5戦が29日、神宮球場で行われ、ヤクルト先発の石川が4回1/3を4失点で降板した。

 14年目で初の日本シリーズを戦うベテランは、初回に先頭川島にセンターへの二塁打を浴びるも、無失点。3回には三者連続三振を奪うなど、序盤は無失点でスタートした。

 しかし、4回に1死三塁から李大浩にレフトポール上を越える2ラン本塁打を浴びると、5回も先頭の今宮にレフト線への二塁打を浴びた。1死をとった後、投手のスタンリッジに四球を与えたところでマウンドを降りた。

 さらに2番手石山がそのピンチで踏ん張れず、川端のエラーで1死満塁とすると、明石にレフト前タイムリーを浴び、さらに柳田の一ゴロ間に三塁ランナーが生還。これで0-4とリードを広げられた。

 ヤクルトは1勝3敗と後がない状況で、左腕エースが早くもマウンドから姿を消し、大きな追加点を許した。王手をかけるホークスにとっては貴重な中押し点。日本一へ大きく前進した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング