野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 来季大きく変貌へ― 中日、稀に見る大物の引退&退団ラッシュ

来季大きく変貌へ― 中日、稀に見る大物の引退&退団ラッシュ

中日は今オフ、長いプロ野球の歴史でも稀にみる大物の引退ラッシュとなった。

急激な世代交代迫られる中日、名球会プレーヤー4選手が同時に現役引退

 中日は今オフ、長いプロ野球の歴史でも稀にみる大物の引退ラッシュとなった。山本昌投手、谷繁元信捕手、和田一浩外野手、小笠原道大内野手と名球会プレーヤー4人に4度の2桁勝利を記録した朝倉健太投手が一挙にユニホームを脱ぎ、かつてのエースの川上憲伸投手も退団を表明している。

 さらに球団から現時点で自由契約選手として発表されているのは育成の1人を含めた3選手にとどまっているが、この中には2012年に10勝を挙げた山内壮馬投手も含まれている。

 ここまで名前を挙げた4投手の通算勝利数は418、3打者の通算安打は6278にも上る。来季、専任となる谷繁監督は、急激な世代交代を迫られる中で新たなチーム作りに取り組むことになる。

改めて、チームを去る主な選手の実績を振り返ってみよう。

◯山本昌(引退)

プロ32年目。通算581試合に登板。219勝165敗5セーブ、防御率3.45。

 未勝利で迎えたプロ5年目に米国に野球留学し、代名詞となったスクリューを習得。帰国後から先発ローテに定着した。93年から2年連続最多勝、94年には19勝を挙げて沢村賞を受賞。97年に18勝で3度目の最多勝に輝いた。

 その後も長年にわたってチームに貢献し、08年に通算200勝に到達。41歳でのノーヒットノーラン、49歳での勝利など、数々のプロ野球最年長記録を打ち立てた。晩年は故障に苦しんだが、現役最後の登板となった10月7日の広島戦で、プロ野球史上初となる50歳での登板を達成した球界の「レジェンド」。通算219勝は「フォークボールの神様」杉下茂の記録を塗り替え、中日の球団最多勝利数となっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中