野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、SB松田がフェンス到達の適時打! 西武おかわりが間一髪生還

侍ジャパンのソフトバンク・松田宣浩内野手が5日、追加点となるライトへのタイムリーを放った。

打球はフェンス到達も…前の走者が詰まりシングルヒット止まり

 侍ジャパンのソフトバンク・松田宣浩内野手が5日、追加点となるライトへのタイムリーを放った。

 プエルトリコとの強化試合(ヤフオクドーム)で「7番・サード」でスタメン出場。4回1死一、二塁の場面で打席が回ると、相手の2番手左腕シントロンの外角へ逃げるシュートを捉え、打球はライト後方へ。3点目となるタイムリーとなった。

 打球はフェンスに到達も、二塁走者の中村剛がタッチアップも想定した構えを取り、スタートが遅れた。一塁走者の中田もスタートが遅れ、松田はシングルヒット止まり。二塁から中村は巨体を揺らしてぎりぎりで本塁へ生還し、得点を記録した。直後にも平田が犠牲フライを放ち、この回2点を追加。4-0とした。

 数々の殊勲打を放ってきた本拠地ヤフオクドームでの強化試合。ホークスのムードメイカーが代表戦でも存在感を見せている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中