野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志、注目される去就 マリナーズ側はQO検討も「確実ではない」

岩隈久志、注目される去就 マリナーズ側はQO検討も「確実ではない」

マリナーズが今季限りで契約満了となった岩隈久志投手に対して1年1580万ドル(約19億円)のクオリファイング・オファー(QO)に踏み切る可能性が高まっている。MLB公式サイトが伝えている。

FA市場で注目される岩隈

 マリナーズが今季限りで契約満了となった岩隈久志投手に対して1年1580万ドル(約19億円)のクオリファイング・オファー(QO)に踏み切る可能性が高まっている。MLB公式サイトが伝えている。

 相思相愛とされてきた両者だが、球団は複数年契約を求めている岩隈サイドといまだに合意に達していない。フリーエージェント(FA)となった選手との独占交渉期間は現地時間11月6日(日本時間7日)までだが、決着がつく様子は見られないという。

「マリナーズは金曜日の独占交渉権のデッドラインを前にフリーエージェントのヒサシ・イワクマに単年1580万ドルのクオリファイング・オファーを出すことになりそうだが、この決定は確実なものではない」

 記事ではこうレポートしている。

 クオリファイング・オファーとは2011年11月に締結されたMLBとMLB選手会との労使協定で規定されたフリーエージェント移籍に関する補償制度で、ある選手がFAとなる場合、残留を希望する現所属チームは、ワールドシリーズ終了から5日間以内に、その年の年俸上位125選手の平均年俸額(今年は1580万ドル)での1年契約をQOとして提示することができるというもの。

 QOを受けた選手は7日間以内に提示を受けるか拒否するかの返答が義務づけられている。QOを拒否した選手が新チームとFA契約を結んだ場合、前所属チームは翌年のドラフトの補完指名権を得ることができる。また、選手がQOを拒否した場合でも、前所属チームとの交渉、再契約は可能。2012年オフから実施されているQOだが、ここまで全選手がQO提示を拒否している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中