野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J、嶋がサヨナラ打でプレミア12へ 小久保監督「韓国倒してきます!」

小久保監督は試合後の勝利監督インタビューで「本戦に向けていい終わり方。作戦的にも細かいプレーが出せたので良い強化試合でした」と充実の言葉を並べた。

full-count18

強化試合は2勝無敗に終わる 指揮官は「本戦に向け良い終わり方」

 侍ジャパンが6日、ヤフオクドームで行われたプレミア12(8日開幕・日本、台湾)への強化試合、プエルトリコとの第2戦に臨み、3-2で逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 小久保監督は試合後の勝利監督インタビューで「本戦に向けていい終わり方。作戦的にも細かいプレーが出せたので良い強化試合でした」と充実の言葉を並べた。

 日本の先発は菅野。初回に先頭のゴンサレスにセンター前ヒットを浴びると、1死から二盗を許す。さらに暴投で三塁へ進塁を許した。この場面でまさかのボーク。三塁走者が生還し、1点を献上した。

 先発の一角が期待されている右腕は2回1失点で降板。3回は西が登板し無死点に抑えたが、4回に登板した武田が1死一、三塁のピンチを迎えると、ヒメネスにライトへの犠飛を浴びた。これで0-2とリードが広がった。

 反撃したい日本だが、2回に4番・中村剛を死球交代で失うと、5回までわずか1安打とプエルトリコ投手陣を攻略できず。苦しみながらも、6回に山田のレフト前ヒットをきっかけに2死三塁から相手の暴投で1点を返した。これで1-2とした。

 7回は小川が2死一、二塁のピンチを迎えながらも無失点。その裏は坂本、秋山のヒットで2死一、二塁としたが無得点に終わった。8回まで1得点のみに抑えられた日本。しかし、最終回の攻防にドラマが待っていた。

人気記事ランキング