野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • リーグ屈指のクローザーがズラリ 増井、松井、山崎、澤村…侍守護神は誰に?

リーグ屈指のクローザーがズラリ 増井、松井、山崎、澤村…侍守護神は誰に?

世界野球「プレミア12」(8日開幕・日本、台湾)を戦う侍ジャパンは6日に福岡・ヤフオクドームでプエルトリコとの親善試合を行い、3-2で逆転勝利を収めた。

20151107_samuraicloser2

コーチもうなった澤村の快投

20151107_samuraicloser2
守護神候補4投手の今季成績

 世界野球「プレミア12」(8日開幕・日本、台湾)を戦う侍ジャパンは6日に福岡・ヤフオクドームでプエルトリコとの親善試合を行い、3-2で逆転勝利を収めた。

 1-2のビハインドの8回に6番手で登板した澤村拓一投手が相手の2番からの上位打線、ロペス、ソーン、シルバに対して三者凡退。持ち味の力強い直球で相手を寄せ付けなかったどころか、味方に流れを引き込むピッチングを見えた。

 チームは澤村の力投もあり、逆転サヨナラ勝利。右腕の快投に鹿取投手コーチもうなった。「(澤村の)守護神の可能性は十分にあると思う」。

 このチームには日本ハムの増井、楽天の松井、そしてこの日最後を締めたDeNAの山崎と抑え候補は4人いる。澤村はセットアッパーとしての役割が想定されたが、それは結果主義の小久保ジャパン。抑えの筆頭とされていた増井がパスボールではあるが1回1安打1失点。松井も山崎も走者を背負う投球だっただけに、可能性は膨らむばかり。「任されたところで自分は頑張るだけです」。そう話す澤村が最も安定感があった。

人気記事ランキング