野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、炭谷が7回に好走塁で左前二塁打

侍ジャパン日本代表の炭谷銀仁朗捕手が、12日の世界野球「プレミア12」1次ラウンド第3戦、ドミニカ共和国戦(台湾・桃園)で相手のスキを逃さない好走塁を見せた。

ドミニカ戦でプレミア12初スタメン

 侍ジャパン日本代表の炭谷銀仁朗捕手が、12日の世界野球「プレミア12」1次ラウンド第3戦、ドミニカ共和国戦(台湾・桃園)で相手のスキを逃さない好走塁を見せた。

 2点リードの7回2死。左前へフライを打ち上げたが、チャージした左翼・ラミレスが追いつけず。すでに一塁ベースを勢いよくけっていた炭谷。素早く処理した中堅・エルナンデスの二塁送球よりも早く二塁ベースに滑り込み、左前二塁打とした。

 この日がプレミア12初スタメンだった炭谷。一瞬も気を抜かない好走塁だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中