野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J、米国に逆転圧勝、4連勝で1次R首位突破! 中田3戦連続V打&松田満塁弾

侍ジャパン日本代表は14日、世界野球「プレミア12」1次ラウンド第4戦、米国戦で10-2と逆転勝ちし、開幕4連勝で1次ラウンドB組首位突破を決めた。

20151114_nakata

侍ジャパン猛打爆発で13安打10得点、筒香3打席連続適時打、中田は3戦11打点

 侍ジャパン日本代表は14日、世界野球「プレミア12」1次ラウンド第4戦、米国戦で10-2と逆転勝ちし、開幕4連勝で1次ラウンドB組首位突破を決めた。先発の菅野(巨人)が先制点を許したものの、中盤以降、打線が爆発。13安打10得点で圧勝した。中田(日本ハム)は6回に勝ち越しの3ランを放ち、3戦連続V打となった。

 菅野は初回、1死一、三塁のピンチを招くも無失点で切り抜ける。しかし2回、6番・マクブライドに真ん中高めの速球を捉えられると、打球はレフトスタンドぎりぎりに飛び込む先制ソロに。巨人のエースが序盤に先制点を献上した。

 さらに3回、1死からフレイザーに右中間を破られると、打者走者は送球が乱れる間に三塁に到達。その後、1死三塁から、3番エイブナーが詰まりながらもライト前に運ぶタイムリー。追加点を許し、0-2となった。

 アメリカ先発グルーブに3回まで無得点に抑えられた日本だったが、4回2死二塁のチャンスで筒香(DeNA)がレフトの頭を越えるタイムリー二塁打を放ち、1点を返した。

 さらに6回にも、この回から登板した2番手右腕・シモンズから山田(ヤクルト)の四球、中村剛(西武)のセンター前ヒットで1死一、二塁に。すると筒香が外の変化球をバットを折りながらセンター前に運び、山田が生還。不動の5番のタイムリーで同点に追いついた。

 そして、なおも1死一、二塁の好機で、中田(日本ハム)がレフトスタンドへ勝ち越し3ラン。「恐怖の6番」と化しているスラッガーの今大会11打点目となる一発で、5-2と一気に逆転した。

 7回にも2死一、二塁の場面で筒香が3打席連続となるセンター前タイムリーヒット。さらに中田が四球で満塁とすると、この日7番に入った松田(ソフトバンク)がレフトスタンドへ叩き込むグランドスラム。これで10-2と大量リードを奪った。

 終盤は山崎(DeNA)、増井(日本ハム)、澤村(巨人)とつなぎ逃げ切った日本。この勝利で開幕4連勝となり、1試合を残して1次ラウンドB組1位通過を決めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング