野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 侍ジャパンの則本昂大は“最強の便利屋”!? 準々決勝以降もキーマンの1人に

侍ジャパンの則本昂大は“最強の便利屋”!? 準々決勝以降もキーマンの1人に

15日のベネズエラ戦を残して次のステージに駒を進め、小久保裕紀監督の視線は早くも準々決勝へ向いている。一発勝負の戦いでキーマンの1人となりそうなのが、ブルペンを支える則本昂大投手だ。

20151115_norimoto

米国戦でも快投した右腕の起用法が一発勝負で鍵に、決勝で先発も?

 世界野球「プレミア12」に出場中の侍ジャパン日本代表は、14日の米国戦に10-2で快勝し、4連勝で1次ラウンド首位突破を決めた。15日のベネズエラ戦を残して次のステージに駒を進め、小久保裕紀監督の視線は早くも準々決勝へ向いている。一発勝負の戦いでキーマンの1人となりそうなのが、ブルペンを支える則本昂大投手だ。

 2年連続奪三振王に輝いた楽天のエース右腕は、米国戦で1点ビハインドの5回から先発・菅野の後を継いで登板。初球でいきなり156キロをマークすると、球場がどよめいた。この回は3者凡退の快投。すると直後の5回、味方打線が筒香の同点タイムリー、中田の勝ち越し3ランで逆転。試合の流れが一気に変わった。

 6回は2死一、三塁のピンチを招いたものの、モーリンを152キロの直球で空振り三振に仕留めて無失点。打線は7回にも松田の満塁弾などで5点を加えて試合を決め、則本の後を継いだ山崎、増井、澤村も好投した。

 試合後、則本は「思っていたよりも(登板のタイミングが)早かったけど、いつでもいけるように準備していたので、問題なく試合に入れました。何とか相手の流れを切りたいと思っていたので、それをうまくすることが出来たんじゃないかと思います」と満足気にうなずいた。

 起用に応える快投に、小久保監督も「則本をはじめ、つないでくれたピッチャーが全員仕事をしてくれたので、いい勝ち方ができた」と最大級の賛辞を贈った。

人気記事ランキング