野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャー移籍浮上の呉昇桓、有力候補はヤンキース? 米サイトが報じる

メジャー移籍浮上の呉昇桓、有力候補はヤンキース? 米サイトが報じる

阪神で2年連続セーブ王に輝いた守護神の移籍先候補として挙げられているのはヤンキース。今シーズンはベタンセスとミラーによる強力な2枚看板がブルペンを支えたが、記事では投手陣をさらにテコ入れする必要があると分析している。

full-count19

注目を集める呉昇桓の動向、ヤンキースは実現性の高い“噂”の一つ?

 ストーブリーグが幕を開け、徐々に選手の移籍が活発になってきたMLB。大型移籍やFAの結果が出るのはもう少し先だが、米国内では各選手にまつわる移籍の報道が後を絶たない。

 そんな中、米スポーツサイト「ブリーチャー・レポート」は「今オフに実現の可能性が高い5つの意外な噂」と題したレポートを掲載した。

 ワールドシリーズ制覇を成し遂げたロイヤルズが、生え抜きのゴードンよりも途中加入でチームに貢献したゾブリストの残留交渉を優先させる可能性や、処遇が注目されるマーリンズのオズナとインディアンスの24歳右腕バウアー(今季11勝12敗、防御率4.55)のトレード実現の可能性について伝えている。

 そして「噂」の一つとして焦点を当てているのが、阪神からMLB移籍を目指している呉昇桓投手の動向だ。

 阪神で2年連続セーブ王に輝いた守護神の移籍先候補として挙げられているのはヤンキース。今シーズンはベタンセスとミラーによる強力な2枚看板がブルペンを支えたが、記事では投手陣をさらにテコ入れする必要があると分析している。

人気記事ランキング