野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

準々決勝でも高まる期待 13打点と絶好調、中田の活躍と“語録”を振り返る

札幌での開幕戦・韓国戦を含めた1次ラウンド5試合で見ても、打率5割2分6厘、2本塁打、13打点の大暴れ。“恐怖の6番”として絶好調を維持している。26歳の主砲からは、チームリーダーとしての自覚も漂う。

20151114_nakata

1次Rは打率5割2分6厘、2本塁打、13打点の大暴れも「今までのことはすべて忘れて」決戦へ

 世界野球「プレミア12」に出場している侍ジャパン日本代表は、16日に台湾・桃園でプエルトリコとの準々決勝(日本時間19時30分開始)に挑む。1次ラウンドは接戦もありながら、5戦全勝で突破。その原動力となったのは、台湾に入ってからの4戦で13打点と驚異的な活躍を見せている中田翔内野手だ。

 札幌での開幕戦・韓国戦を含めた1次ラウンド5試合で見ても、打率5割2分6厘、2本塁打、13打点の大暴れ。“恐怖の6番”として絶好調を維持している。26歳の主砲からは、チームリーダーとしての自覚も漂う。

 プエルトリコ戦でも、日本(東京ドーム)で行われる準決勝へとチームを導く活躍が期待されるが、その前に、台湾ラウンドでの活躍と、試合後のコメントをあらためて振り返ってみよう。

▽11日・メキシコ戦(◯6-5)3打数3安打5打点
「筒香が敬遠されて一気に気合が入った」

 1点を追う2回に筒香を一塁に置いて逆転2ラン。3回には、筒香のタイムリーに続いて犠飛を打ち、リードを3点に広げた。さらに、5回にもタイムリー。土壇場で同点に追いつかれた直後の9回には、1死二塁で筒香が敬遠されると、ライト前へ劇的なサヨナラヒット。3安打5打点の大暴れで日本を勝利に導いた。

「目の前で筒香が敬遠されて一気に気合が入った。1打席目を大事にするのはシーズン中にやっていること。今日も集中してできた。(5打点は)周りの先輩方、バッターがチャンスで回してくれたので、何とかしないといけないという気持ちで打席に立てた」

人気記事ランキング