野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J、先発・前田が3回のピンチを切り抜け、1点リード死守

侍ジャパンの前田健太投手が15日、世界野球「プレミア12」準々決勝プエルトリコ戦(台湾)で先発し、1点リードの3回にピンチを切り抜けた。

1死一、三塁のピンチでメンデスを投ゴロ併殺に

 侍ジャパンの前田健太投手が15日、世界野球「プレミア12」準々決勝プエルトリコ戦(台湾)で先発し、1点リードの3回にピンチを切り抜けた。

 日本は初回、この日4番に入った筒香がレフト前に先制のタイムリーヒット。一方、この日先発した前田は2回まで無失点に抑えてていたが、3回に連打を浴びると、シルバの右飛で1死一、三塁に。しかしこの窮地で右腕は踏ん張り、メンデスを投ゴロ併殺に仕留めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中