野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • プレミア12初代王者まであと2勝 侍ジャパンの投手起用はどうなる?

プレミア12初代王者まであと2勝 侍ジャパンの投手起用はどうなる?

1次ラウンド(R)から6戦全勝と好調の侍ジャパンは、舞台を日本に移して行われる準決勝、決勝をどのように戦っていくのか。

韓国戦の先発は小久保監督が絶大な信頼を寄せる大谷

 世界野球「プレミア12」に出場している侍ジャパン日本代表は、19日に韓国との準決勝(19時開始)に臨む。台湾・桃園で行われた準々決勝は、エース前田健太の好投もあってプエルトリコに9-3で快勝。1次ラウンド(R)から6戦全勝と好調の侍ジャパンは、舞台を日本に移して行われる準決勝、決勝をどのように戦っていくのか。

 まず、準決勝の先発は大谷になることが、すでに発表されている。小久保監督は「負けられない試合が始まり、今のメンバーの中で(準々決勝で先発した)前田、大谷というのが順番だった。今年の成績を見れば(準決勝先発は)誰もが納得するのが大谷」と説明。開幕戦と同じ相手に、二刀流右腕をぶつけることになった。

 実は、当初は1次R最終戦で大谷を先発させるプランもあったという。どうしても勝たなくてはいけない状況になった場合、二刀流右腕を投入し、準々決勝進出を決めようという狙いだった。ただ、1次Rは接戦もありながら全勝で突破。準決勝先発は「これで(1次ラウンド突破は)大丈夫となったところで(本人に)伝えた」と指揮官は明かす。前田と同じように、大谷に絶大な信頼を寄せていることが分かる。

 指揮官は韓国戦に向けて「前回のようなピッチングをしてくれれば1番いい」と言いつつ「相手も試合をやって調子を上げているし、(大谷の)データも入っていると思う」と警戒する。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中