野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、痛恨の9回逆転負け 小久保監督「僕の継投ミス」

小久保監督は試合後、痛恨の逆転負けに「最後の継投のところ。同点で終われなかったのは私の責任」と厳しい表情で話した。

大谷好投も救援陣が9回に逆転許す、指揮官「同点で終われなかったのは私の責任」

 侍ジャパン日本代表が19日、東京ドームで行われた世界野球「プレミア12」準決勝で韓国にまさかの逆転負けを喫した。先発の大谷(日本ハム)が7回まで1安打11奪三振無失点と圧巻と投球。韓国に二塁も踏ませずマウンドを降りたが、9回に救援陣が崩れ、3-4で決勝進出を逃した。

 小久保監督は試合後、痛恨の逆転負けに「最後の継投のところ。同点で追われなかったのは私の責任」と厳しい表情で話した。

 8回から登板した則本(楽天)は9回にもマウンドへ。しかし無死一、二塁のピンチを招くと鄭根宇に三塁線を破られるタイムリー二塁打を浴び、1失点。さらに無死満塁で登板した3番手・松井(楽天)が押し出し四球。4番手・増井(日本ハム)も李大浩にレフト線への2点適時打を浴びた。

 韓国が見せた怒涛の逆転劇に、指揮官は「結果的に1点多く与えてしまった。あの流れを止められなかった僕の継投ミスですかね」とし、「7回、8回と押せ押せのところで1点取れなかったところも9回に響いた」と振り返った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中