野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

韓国に痛恨逆転負け 9回の継投悔やむ小久保監督、松井投入は「酷だった」

救援陣はリードを守れなかったことを悔やみ、「継投ミス」と認めた小久保監督は、2点差の無死満塁で押し出し四球を与えた松井について「(登板は)酷だった」と擁護した。

好調の則本も9回続投でつかまり「自分が甘かった」

 侍ジャパン日本代表は19日、東京ドームで行われた世界野球「プレミア12」準決勝で韓国に屈辱の逆転負けを喫した。先発の大谷が7回まで1安打11奪三振無失点と快投したが、9回に救援陣が4点を奪われて3-4で敗れ、決勝進出はならず。救援陣はリードを守れなかったことを悔やみ、「継投ミス」と認めた小久保監督は、2点差の無死満塁で押し出し四球を与えた松井について「(登板は)酷だった」と擁護した。

20151120_premier
プレミア12、決勝トーナメントの進出状況

 まさに悪夢だった。大谷の後を継いで8回から登板し、わずか8球で3者凡退と完璧な投球を見せていた則本は、9回も引き続きマウンドに上がった。しかし、無死から代打で登場した2人の左打者に連続ヒットを許すと、続く鄭根宇に三塁線を破られるタイムリー二塁打を浴び、1点を失った。さらに、李容圭に死球を与えて無死満塁となったところで交代を告げられた。

「しっかり低めに放っていればアウトになっていたと思う。そこは自分の注意深さというか、甘かったのかなと思う。お互い真剣勝負をやっているので、勝ち負けはどっちかにつく。しっかり押さえて勝ちたかったですけど……。(交代は)松井に代わるということだったので……それだけです」

 ここまで中継ぎとして圧巻の投球を続けてきた右腕は、時折、声を詰まらせながらこう振り返った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中