野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム栗山監督、侍・大谷に厳しいゲキ「良かったと言ってる場合ではない」

日ハム栗山監督、侍・大谷に厳しいゲキ「良かったと言ってる場合ではない」

日本ハムの栗山英樹監督が22日、世界野球プレミア12で奮闘した侍ジャパン日本代表の大谷翔平投手へ厳しいゲキを飛ばした。

20151122_kuriyama

2度の韓国戦で快投、「立ち居振る舞いは良かった」も…

 日本ハムの栗山英樹監督が22日、世界野球プレミア12で奮闘した侍ジャパン日本代表の大谷翔平投手へ厳しいゲキを飛ばした。

 大谷は19日の準決勝・韓国戦(東京ドーム)で7回11奪三振、1安打無失点。韓国との開幕戦(札幌ドーム)でも6回10K2安打無失点と好投し、今季のパ・リーグ投手部門で3冠に輝いた実力を侍ジャパンでも見せつけた。

 常に日本最速162キロを誇る剛腕へ厳しい姿勢を貫く栗山監督。その指揮官が挙げた二刀流右腕の課題とは?

――プレミア12では2試合とも好投した。

「オレに言わせれば、紙一重の試合もあったが、大事な試合でチームに貢献してくれたのは良かった。立ち居振る舞いは良かったよね。何が何でも勝つという。『日本のエースになるんだ』という雰囲気を姿で出していた。空気感は良かった。ただ、オレはみんなと違う見方をしているから、違う感想を持っている」

人気記事ランキング