野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新人王はセがDeNA山崎、パが日本ハム有原

プロ野球の新人王が25日に発表され、セ・リーグはDeNAの山崎康晃投手(23)、パ・リーグは有原航平投手(23)が選ばれた。

20151125_yamasaki_arihara

山崎は新人最多37セーブ、有原は初完封含む8勝

 プロ野球の新人王が25日に発表され、セ・リーグはDeNAの山崎康晃投手(23)、パ・リーグは有原航平投手(23)が選ばれた。

 山崎は入団1年目からDeNAの守護神として活躍。58試合の登板で2勝4敗、7ホールド、37セーブ、防御率1.92と活躍した。37セーブは新人最多記録となった。

 有原は18試合に登板し、8勝6敗、防御率4.79。9月5日のオリックス戦では9回を4安打無失点で初の完封勝利を挙げた。来季は両投手のさらなる飛躍が期待される。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング