野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • プレミア12でMVPの韓国代表・金賢洙、オリオールズとの2年契約に合意

プレミア12でMVPの韓国代表・金賢洙、オリオールズとの2年契約に合意

世界野球「プレミア12」でMVPに輝いた韓国代表の金賢洙外野手(斗山ベアーズ)が、オリオールズとの2年契約に合意したと地元紙「ボルティモア・サン」のダン・コノリー記者がツイッターで伝えた。年俸は2年総額700万ドル(約8億5700万円)と報じられている。

20151215_kimhyunsoo

2年8億5700万円で合意と地元記者が伝える、「素晴らしい出塁率の歴史を持っている」

 世界野球「プレミア12」でMVPに輝いた韓国代表の金賢洙外野手(斗山ベアーズ)が、オリオールズとの2年契約に合意したと地元紙「ボルティモア・サン」のダン・コノリー記者がツイッターで伝えた。年俸は2年総額700万ドル(約8億5700万円)と報じられている。

 コノリー記者はツイッターで「金賢洙はオリオールズと2年700万ドルの契約に合意した。身体検査を残している。彼は今日、ボルティモアに向かっている。27歳の外野手は、素晴らしい出塁率の歴史を持っている」とつぶやいた。

 金賢洙は2008年に打率3割5分7厘で韓国リーグの首位打者に輝いた好打者。その年から今季までの8シーズン中7シーズンで打率3割をマークしている。今季は打率3割2分6厘、28本塁打、121打点。通算打率3割8厘で、出塁率は4割6厘とコノリー記者がレポートしたようにハイレベルな数字だ。

 2009年の第2回WBCではベストナインに選出され、今年11月の世界野球「プレミア12」でも韓国代表の3番打者として優勝に貢献。大会MVPに選ばれていた。海外FA権を取得していたため、ポスティングシステムでの移籍ではない。

 今後は、メジャー移籍を目指してソフトバンクを自由契約となった李大浩内野手、阪神を自由契約となった呉昇桓投手の動向にも注目が集まる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング