野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム宮西が右手小指骨折で全治5週間 自宅付近で足を滑らせて転倒

日本ハム宮西が右手小指骨折で全治5週間 自宅付近で足を滑らせて転倒

日本ハムは22日、宮西尚生投手が札幌市内の病院でレントゲン検査を受け、右手第5中手骨骨折と診断されたと発表した。

日本ハム

22日にレントゲン検査、状態を見ながら捕球動作を再開

20151027_miyanishi
宮西尚生のこれまでの成績

 日本ハムは22日、宮西尚生投手が札幌市内の病院でレントゲン検査を受け、右手第5中手骨骨折と診断されたと発表した。全治は5週間に見通し。球団によると、状態を見ながら捕球動作を再開するとしている。

 左腕は21日に札幌市内の自宅付近で足を滑らせて転倒。その際に負傷したという。今季50試合に登板し、3勝3敗25ホールド、防御率2・70。シーズンオフの10月20日には「万全の状態でマウンドに上がるため」に札幌市内の病院で左肘のクリーニングおよび神経移行術を受け、無事終了していた。契約更改では1000万円増の1億9000万円でサイン。ブルペンを支える存在だけに新シーズンに向けて順調な回復が期待される。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング