野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太は先発ローテ3番手と米メディア分析 ド軍は「連覇へ十分な戦力」

前田健太は先発ローテ3番手と米メディア分析 ド軍は「連覇へ十分な戦力」

米ヤフースポーツのマーク・タウンゼンド記者が、前田健太投手との契約合意が伝えられるなど先発投手の補強に成功したドジャースのローテーションについて特集記事を掲載した。

20151218_maeda

「絶対的な先発2番手」ではなく、ローテの厚みを増すことに方針転換した?

 米ヤフースポーツのマーク・タウンゼンド記者が、前田健太投手との契約合意が伝えられるなど先発投手の補強に成功したドジャースのローテーションについて特集記事を掲載した。

 2015年の終わりに、ドジャースはエースであるクレイトン・カーショーに続く先発投手の補強にようやく成功した。12月30日(日本時間31日)にアストロズからフリーエージェント(FA)となっていた左腕スコット・カズミアーと3年総額4800万ドル(約58億円)の契約を結ぶと、広島からポスティングシステム(入札制度)でのMLB移籍を目指していた前田とも、続けざまに契約合意に達したことが報じられた。

 今オフのドジャースは、カーショーと共に絶対的な存在であったザック・グリンキー(FA)との契約を目指したものの、失敗に終わった。さらに、2番手候補として期待していたジョニー・クエト(ロイヤルズFA)も獲得できず。マリナーズからFAとなっていた岩隈久志とは合意したと伝えられながら、身体検査の結果、契約には至らなかった。

 グリンキーはダイヤモンドバックス、クエトはジャイアンツと契約。同じナ・リーグ西地区のライバルとの獲得競争に敗れたドジャースは、「絶対的な2番手投手」を目指すのではなく、ローテーションの厚みを増すことに方針転換したと記事では分析している。

人気記事ランキング