野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大の3年目は? 米記者が展望、最高ならサイ・ヤング賞、最悪なら…

過去2シーズンは2桁勝利も規定投球回に届かず

 さらに田中が球団と結んだ7年契約には、2017年に選手側から契約を破棄できるオプトアウトが盛り込まれていることにも言及。残り2シーズンで契約問題が待ち受ける点を指摘している。

 田中は1年目の前半戦で記録的な活躍を見せながら同年7月に右肘靭帯の部分断裂が発覚。その後、手術を回避して約2か月半で復帰したものの、負傷の再発を不安視する声は尽きない。今回の展望記事でも「田中の悪夢のシナリオは全て靭帯にかかわるもの」とし、今季だけでなく来季にも影響を及ぼしかねない負傷の再発を懸念している。

 ただ、「最高のシナリオ」を見ても地元記者が田中のポテンシャルを高く評価していることは分かる。過去のシーズンについても「健康であれば、いい投球を見せ、時に支配的な投球を見せてきた」と評している。

 昨季はメジャー2年目で初の開幕投手に抜擢されながらブルージェイズ相手に4回を5安打5失点(自責4)と乱調に終わった田中。過去2シーズンは2桁勝利(2014年13勝5敗、2015年12勝7敗)を挙げたものの、負傷離脱があり規定投球回に届かなかった。今季は最高の状態に仕上げて2年連続の開幕投手を任されるのか。そして名門のエースにふさわしい活躍を見せられるのか。

 メジャー3シーズン目を迎える日本人右腕の飛躍が期待される。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」