野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 坂本が紅白戦で「由伸巨人」の”第1号” 主将がチームをプレーで牽引

坂本が紅白戦で「由伸巨人」の”第1号” 主将がチームをプレーで牽引

巨人の坂本勇人内野手が紅白戦でチーム第1号を放った。

巨人東京ドーム

長嶋終身名誉監督と松井臨時コーチが見守る中、高木勇からレフト中段へ2ラン

 巨人の坂本勇人内野手が紅白戦でチーム第1号を放った。

 白組の「3番・ショート」で先発出場した27歳の主将。2点を追う3回。二塁打で出塁した大田泰示を塁上に置いた2死二塁で紅組2番手の高木勇人の内角のボールをうまくさばき、レフト中段へ運ぶ2ランを放った。

 上空は右から左へ強い風が吹いていたとはいえ、下半身主導のしっかりとしたスイングで、強い当たりだった。セカンドベース付近では、笑顔を見せ、ダイヤモンドをまわった。

 巨人の紅白戦は2試合目。前日の13日から視察に訪れている長嶋茂雄巨人終身名誉監督や臨時コーチの松井秀喜氏が見守る中でのホームラン。3番・坂本、4番・ギャレット、5番・長野と今年の中軸を想定したクリーンアップで臨んだ試合で、高橋由伸監督もひと安心の様子だった。

 坂本は新たな打撃フォームに挑戦しており、手応えの残る一発だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中