野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム有原、オープン戦初登板で順調な仕上がり

日本ハムの有原航平投手が21日、ロッテとのオープン戦(名護)で4番手として登板した。

20160221_arihara

3回を4安打1失点

 日本ハムの有原航平投手が21日、ロッテとのオープン戦(名護)で4番手として登板した。

 2点リードの6回からマウンドへ。早大の同級生・中村は二ゴロ。注目の高卒新人・平沢は外角高めの力のある直球で空振り三振に仕留めた。ナバーロに中前打を許したものの、続く高浜を左邪飛に打ち取った。

 7回は鈴木の右中間二塁打などで1死二塁のピンチを招き、続く代打・根元に左前適時打を許した。

 8回は中村を空振り三振、平沢を中飛。2死から加藤に右前打を許したものの、高浜を右飛に仕留めた。3回4安打1失点だった。

 前回登板の14日の紅白戦では2回5安打2失点。「まずは自分の球を投げられるようにしないと」と厳しい口調で振り返っていたが、オープン戦初登板では順調な仕上がりを見せた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング