野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルト森岡が“曲芸タイムリー“!? 打球が急激変化でG立岡は捕球できず

ヤクルト森岡が“曲芸タイムリー“!? 打球が急激変化でG立岡は捕球できず

ヤクルト・森岡良介内野手が、27日の巨人とのオープン戦(東京ドーム)で“曲芸タイムリー”を放った。

記録は適時三塁打、開幕スタメンへアピール

 ヤクルト・森岡良介内野手が、27日の巨人とのオープン戦(東京ドーム)で“曲芸タイムリー”を放った。

 1点を追う4回1死一塁。マシソンの高めシュートをジャストミートした。中堅へ勢いよくライナーで伸びていく打球は、落下直前に急激に左翼方向へ“スライス”。1度落下点に入ったかに見えた中堅・立岡が慌てて打球に飛びついたものの届かず、ボールは中堅フェンスまで転々と転がった。

 右翼・長野が急いで打球処理したものの、一塁走者・雄平は悠々と同点のホームを駆け抜けた。記録は適時三塁打。昨季打点王の畠山が腰痛で出遅れる中、森岡にとっては開幕スタメンへ大きくアピールする一打となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中