野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人はギャレット1号&岡本4安打、日ハム斎藤佑は4失点…1日のオープン戦

巨人はギャレット1号&岡本4安打、日ハム斎藤佑は4失点…1日のオープン戦

プロ野球のオープン戦は1日、日本ハム-巨人の1試合が行われた。

20160301_saito

開幕ローテ入り目指す斎藤佑は味方エラーも重なり厳しい結果に

 プロ野球のオープン戦は1日、日本ハム-巨人の1試合が行われた。

 巨人は初回、日本ハムの先発バースを攻め、3番坂本のタイムリーで先制。さらに、4番の新助っ人ギャレットが右中間へオープン戦1号3ランを叩き込み、あっという間に4点を奪った。

 一方、日本ハムは4回に好調のルーキー横尾がタイムリーを放ち、1点を返す。しかし、2番手で登板した斎藤佑が2イニング目の5回に捕まった。1死一、三塁で亀井の強烈なニゴロを田中がファンブルし、1点を失う。続く岡本はタイムリーツーベース。さらに、小林誠の痛烈な三ゴロを今度はレアードが後逸し2失点。開幕ローテ入りを目指す斎藤佑は、味方のエラーも重なり4失点を喫した。

 巨人は先発の田口が4回2/3を5安打1失点。3番手の中川が自身の失策もあり7回に1点を失ったが、日本ハム打線を2点に抑えた。

 打線は9回に岡本が守護神・増井からこの日4本目のヒットとなる二塁打を放つと、相川に適時三塁打が飛び出して2点を追加。10-2で巨人が快勝した。

 村田とサードのレギュラー争いを繰り広げる巨人岡本はアピールに成功。4番最有力候補ギャレットの“来日1号“も明るい材料となった。一方、日本ハムの新助っ人バースは3回3失点で、先発ローテ入りを目指す日ハム斎藤佑も不運もあって2回4失点(自責1)と厳しい結果に終わった。

日本ハム 2-10 巨人(札幌D)

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング