野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • どうなる、2016年パ・リーグ各球団の「4番打者」 スタイルの違いは?

どうなる、2016年パ・リーグ各球団の「4番打者」 スタイルの違いは?

オリックス、楽天の4番は新助っ人に?

 対して、新外国人に大役を任せることになりそうなのがオリックス、楽天。オリックスはモレル選手、楽天はゴームズ選手となりそうだ。

 モレル選手はここまで(3月1日現在)の実戦で6打数5安打3打点1本塁打と活躍。メジャー13発と大きな実績はないが、28歳と若く、その伸びしろにも期待できそうだ。

 そして、大きな話題となったのがゴームズ選手の入団だろう。メジャー通算本塁打は「162」を数え、2013年にレッドソックスで、昨年はロイヤルズでワールドチャンピオンに輝くなど「優勝請負人」の呼び声も高い。2月22日に入団が発表され、チームに合流して間もないが、今季の楽天の4番はこの男に託されそうだ。

 千葉ロッテは現在のところ流動的。ナバーロ選手の復帰まで、昨年18本塁打のデスパイネ選手が担うことになりそうだ。このところの対外試合で4番も務める井上晴哉選手も、その座を虎視眈々と狙う。

 打線の核ともいえる4番打者。各チーム、優勝を狙う上でこの男達の働きぶりがカギを握ることになる。

【了】

(記事提供:パ・リーグ インサイト

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」