野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「極限の状態で戦ってる」 SBドラ1高橋、プロの世界で思い知らされたこと

高橋の座右の銘、「一球一生」の意味とは?

 バッティングも好きだという高橋投手は、このキャンプで柳田悠岐選手のフルスイングにも魅了された。「ヘルメットが落ちるようなフルスイング。実際に見て、あれは飛ぶだろうなと。ピッチャーは空振りを取っても取った気がしないでしょうね(笑)」

 ピッチャー、バッターともにスター揃いのホークスでインパクトを残すのは至難なことに思えるが、高橋投手はむしろ厳しい環境に喜びを感じている。

「ドラフト後に、自分が入るチームだと意識しながら日本シリーズを見ました。ホークスの選手はみんなレベルが高く、自分がそのレベルを超えないと試合に出られない。そういう環境で野球ができることは自分にとってプラスです。日本一のチームに入れたことを嬉しく思います」

 座右の銘は、「一球一生」。今投げた一球は人生の中でその一球しかない。もし手を抜いてホームランを打たれたら一生後悔するのだという、高校時代の監督からの教えだ。

「どの試合でも、どんな局面でも手を抜かずに、ということを心掛けています。手を抜かないというのはすべて全力投球するということではなく、その一球をしっかり考えて投げたかどうかということ。その教えを守って、1軍で1勝を必ず実現させたいと思います」

【了】

(記事提供:パ・リーグ インサイト

岡田真理●文

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」