野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 楽天ゴームズ1号、SB柳田連発、阪神北條は二塁打2本、G5連勝…4日のOP戦

楽天ゴームズ1号、SB柳田連発、阪神北條は二塁打2本、G5連勝…4日のOP戦

プロ野球のオープン戦は4日、各地で3試合が行われた。

full-count11

西武高橋光は炎上、SBの「秘密兵器」スアレスは快投

 プロ野球のオープン戦は4日、各地で3試合が行われた。

◇楽天 11-2 西武(倉敷)

 楽天は初回、西武先発・高橋光から藤田のタイムリーで1点を先制し、なおも無死二塁のチャンス。ここで新外国人のゴームズがオープン戦1号となる2ランを放ち、いきなり3点を奪った。2回は藤田に2打席連続タイムリー、ウィーラーにもタイムリーが飛び出し、7-0で迎えた6回にも岡島、聖澤、松井稼が適時打を放つなど、3点ずつを追加。投げては、開幕投手の先発則本が3回2安打無失点と好投した。西武は高橋光-森のバッテリーが守備にも足を引っ張られて4回までに7失点。3番手の岡本も3失点を喫するなど、大量失点となった。

◇ソフトバンク 3-3 阪神(ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは5年連続開幕投手を務める先発・摂津が、3回に味方の失策絡みで2失点。しかし、その裏に柳田が左翼席へOP戦1号となる同点2ランを叩き込むと、6回には2打席連続となるソロを右翼席中段へ運び、勝ち越した。摂津は4回3安打2失点(自責0)、メッセンジャーは4回4安打2失点と両軍の先発は上々の仕上がり。ソフトバンクは9回に6番手の新助っ人スアレスが登板し、10球で3者凡退の快投。「秘密兵器」と言われる右腕は、直球8球が全て150キロ超と実力の片鱗を見せつけた。阪神は北條が2本の二塁打とアピールし、投げては歳内が2回1安打無失点と快投。期待の若手が存在感を見せた。

◇オリックス 2-3 巨人(京セラドーム大阪)

 巨人がオープン戦5連勝を飾った。開幕ローテ入りが期待されるドラ1桜井が先発。制球に苦しみながらも、5回4安打2失点、2奪三振3四球にまとめ、ゲームを作った。救援陣は澤村、公文、矢貫が無失点の好投。打線は1点を追う5回に長野の中前2点打で逆転した。オリックスは先発の左腕・山崎が2点リードの5回に3失点。守護神候補のゴーディエは156キロをマークするなど3者凡退に抑えた。打線はボグセビック、モレルが共に1安打1打点とアピールしたが、及ばず。高橋新監督率いる巨人は、オープン戦6勝1敗とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング