野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム、“お見合い”で失点…DeNA戦で守備の課題露呈

日本ハムは5日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)で守備での課題を露呈した。

初回にミスから先制点献上

 日本ハムは5日のDeNAとのオープン戦(札幌ドーム)で守備での課題を露呈した。

 初回2死一塁の守備。4番・ロマックの打球は右翼線付近へ高々と上がったが、二塁・田中賢と右翼・石川慎が“お見合い”。2死でスタートを切っていた一塁走者・荒波は一気に三塁ベースをけって本塁へ滑り込んだ。

 マウンドのメンドーサにとっては打ち取っていた打球。本来なら右翼・石川慎が処理する打球だったが、痛いミスで先制点を献上した。

 チームでは右翼の定位置を争うはずの岡、浅間が故障で2軍調整中。中堅には陽岱鋼がいるが、両翼は固定できない状態だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」