野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン秋山の隠れた好走塁

5日にナゴヤドームで行われた「日本通運presents 侍ジャパン強化試合」日本-台湾戦では、得点にこそ結びつかなかったが、隠れた好走塁もあった。

20160305_akitama

垣間見えた、1点を取りにいこうとする姿勢

 5日にナゴヤドームで行われた「日本通運presents 侍ジャパン強化試合」日本-台湾戦では、得点にこそ結びつかなかったが、隠れた好走塁もあった。侍ジャパン日本代表の「1番・センター」で先発出場した西武の秋山翔吾外野手のプレーだった。

侍ジャパンを代表するスラッガーへ 中田翔が日の丸への思い激白

 秋山は初回、四球で出塁。1アウト一塁の場面で3番の山田哲人が大きなセンターフライを放つと、タッチアップをして二塁を陥れたのだった。

 打球を追う中堅手の捕球体勢を確認。返球へ時間のロスがある動きと判断すると、帰塁し、瞬時に二塁を狙った。セーフとなり1アウト二塁と得点機を作った。その後、相手捕手のパスボールで三塁へ。

 4番・中田翔が凡退し、ホームを踏むことはなかったが、侍ジャパンの1点を取りにいこうとする姿勢が垣間見えたシーン。そのような意識が5得点につながった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中