野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、OP戦初登板で2回無失点! 米紙絶賛「非常に支配的なデビュー」

前田健太、OP戦初登板で2回無失点! 米紙絶賛「非常に支配的なデビュー」

20160301_maeda

米紙「ほぼ全ての打者に対して主導権を握る」、指揮官&女房役も高評価

 ドジャースの前田健太投手が5日(日本時間6日)に行われたダイヤモンドバックスとのオープン戦で初登板初先発し、2回を1安打2奪三振無失点と好投した。これを受け、地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」も「ケンタ・マエダが“非常に支配的な”ドジャースデビューを飾る」と速報。デーブ・ロバーツ監督や正捕手のグランダルが新加入の右腕を称賛した様子を伝えている。

侍ジャパンを代表するスラッガーへ 中田翔が日の丸への思い激白

 この日の前田は打者6人に対して被安打1、2奪三振と安定した内容を見せた。初回2死からゴセリンに二塁打を浴びたが、三盗を狙った走者を女房役のグランダルが好送球を見せてアウトに。この日唯一のピンチを逃れた。

 記事では前田が投じた28球のうち18球でストライクを奪ったデータを紹介。「ほぼ全ての打者に対して主導権を握っていた」とリポートした。また、投球を受けたグランダルも「全4つの球種をしっかりとコントロールしていた。彼は感触を掴もうとしていた。『登板して何がしたいか。何ができるか』という感触を掴もうとしていたわけだ」と右腕を評価している。

人気記事ランキング