野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • バレが中日ドラ1左腕から1号、SB和田&阪神・藤川好投、大谷4番…6日のOP戦

バレが中日ドラ1左腕から1号、SB和田&阪神・藤川好投、大谷4番…6日のOP戦

プロ野球のオープン戦は6日、各地で6試合が行われた。

20160306_petrick

T-岡田逆転サヨナラ2ラン、西武・岸4回パーフェクト

 プロ野球のオープン戦は6日、各地で6試合が行われた。

◇日本ハム 1-4 DeNA(札幌ドーム)

 DeNAは新助っ人右腕ぺトリックが5回を投げて被安打8。毎回走者を背負う展開となったが要所を締めて1失点と粘りの投球を見せた。打線も1点を追う3回にドラフト3位ルーキー柴田が同点打。6回には白崎のタイムリー二塁打、飛雄馬のタイムリーヒットで2点を勝ち越し。7回は桑原にOP戦1号ソロが飛び出した。桑原、柴田の1、2番は猛打賞の活躍。一方、日本ハムは中田不在で4番に抜擢された大谷が4打数1安打1打点。先発の有原は5回5安打1失点と力投したが、2番手の武田勝が1回1/3を5安打3失点と不安定な内容に。4番手で登板した斎藤佑は1回を三者凡退に抑えた。

◇中日 1-10 ヤクルト(ナゴヤドーム)

 ヤクルトは初回、中日先発のドラフト1位ルーキー左腕小笠原を攻めて2死から坂口が二塁打。直後、バレンティンがレフトスタンドにOP戦1号2ランを運んだ。その後も点を重ねて15安打で10得点。先発の新助っ人右腕デイビーズも3回3安打2奪三振無失点と上々の結果を残した。中日は4安打に封じられ、得点は6回にビシエドが放ったソロ弾のみ。小笠原は1回2安打2失点で降板し、新加入の左腕ジョーダンも3回5安打2失点、3番手の若松も5回を8安打6失点(自責5)と乱調に終わった。

◇阪神 6-1 巨人(甲子園)

 阪神は今季復帰した藤川が先発。初回に先制されたものの、4回を投げて3安打1失点と上々の投球を見せた。一方の打線も右腕を援護し、3回にゴメスのタイムリーヒットで追いつくと、4回に相手先発の内海から6連打。この回計5点を奪った。ルーキーの高山が2安打の活躍。一方、巨人は内海が4回10安打6失点と不安を残す結果となった。

◇オリックス 5-4 ロッテ(京都)

 オリックスは1点を追う9回にT-岡田が無死一塁から左中間スタンドへ逆転サヨナラ2ラン。T-岡田の2戦連発でロッテに競り勝った。宮崎も3安打をマーク。また、先発したドラフト2位ルーキー近藤大も5回5安打2失点と力投した。ロッテは先発の古谷が5回3安打無失点と好投し、荻野が4安打、高浜がOP戦1号ソロを放った。

◇楽天 1-5 ソフトバンク(倉敷)

 ソフトバンクは米球界から復帰した和田がOP戦初登板。4回1安打無失点と安定した投球を見せた。7回には上林、カニザレスの連続タイムリー二塁打で2点を先制。8回にも高田、金子圭の適時打で3点を加えた。一方、楽天先発の塩見は4回を2安打3奪三振無失点と好投を見せた。

◇広島 3-4 西武(マツダスタジアム)

 広島はオープン戦初登板となった黒田が左足に打球を受けて2回途中で降板となった。この日は2回2/3を投げて6安打3失点。一方、開幕投手を務める見通しのジョンソンは3番手でマウンドに上がり、4回を1安打無失点と安定したピッチングを見せた。西武先発の岸は4回をパーフェクトに抑え、無失点投球。4点リードの5回に高橋朋がエルドレッドにOP戦4号ソロ弾、9回に小石が代打・下水流に1号2ランを浴びたものの、1点差を守った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング