野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ロッテ平沢初打点、阪神高山は初長打、巨人は散発3安打3連敗…8日のOP戦

ロッテ平沢初打点、阪神高山は初長打、巨人は散発3安打3連敗…8日のOP戦

プロ野球のオープン戦は8日、各地で6試合が行われた。

20160308_canizares

ローテ入り目指す中日濱田達、SB東浜、巨人田口が好投

 プロ野球のオープン戦は8日、各地で6試合が行われた。

◇DeNA 2-2 中日(横浜)

 両チームの先発投手が好投した。DeNAの久保康は1、2回と3者凡退。3回は二塁打などで2死二、三塁とされるも、大島を一ゴロに仕留めた。5回2安打無失点。開幕へ順調な仕上がりを見せた。一方、先発ローテ入りを目指す中日の左腕・濱田達は初回に白崎に先頭打者弾を浴びたものの、2回以降は安定した投球で6回5安打1失点。アピールに成功した。中日は7回に代打エルナンデスが逆転2ラン。しかし、DeNAもその裏に2死三塁の好機で代打・関根が同点タイムリーを放ち、2-2の引き分けに終わった。

◇ロッテ 7-2 日本ハム(QVCマリン)

 日本ハムは3回、オープン戦低調だった4番中田が先制二塁打。しかし、ロッテはその裏にドラ1平沢のオープン戦初打点となる同点犠飛で追いつくと、4回に角中のライナーを日ハム杉谷がチャージも捕れずに適時三塁打とし、鈴木の遊ゴロの間にさらに1点追加。日ハムの先発バースは不運もあって5回3失点だった。ロッテは6回にデスパイネのオープン戦1号ソロ、鈴木のタイムリーで2点を加え、その後も着実に加点。7-2で快勝した。

◇オリックス 5-5 広島(京セラドーム大阪)

 広島、オリックスともに終盤にミス絡みで失点し、ドローに終わった。広島は1点を追う8回に田中の三飛失、菊池の四球、オリックス4番手・赤間の牽制悪送球などで1死二、三塁とすると、3番・丸が左越え2点打で逆転に成功。しかし、9回の守りでは2死二塁の場面で三塁・西川が小田の平凡なゴロを捕球したが、一塁へ悪送球し、追いつかれた。先発・野村が5回7安打4失点と安定感を欠く一方、丸が2安打4打点の活躍。一方、オリックス先発東明は初回に2失点を喫し立ち上がりに不安を残した。

◇阪神 2-4 西武(甲子園)

 阪神は初回、ドラ1高山がオープン戦初長打となる二塁打。高校時代から続く甲子園での連続試合安打を「14」とすると、鳥谷のタイムリーで先制した。ただ、先発の藤浪はピリッとしない。2、4回にいずれも坂田に適時打を浴びるなど5回6安打2失点。6奪三振2四球で予定の5回まで87球を要した。西武は6回に阪神の2番手・安藤を攻め、山川の勝ち越し打、炭谷のタイムリー内野安打で引き離して勝利。阪神は3番手で登板した守護神候補マテオらの好投が明るい材料となった。

◇楽天 11-4 ヤクルト(明石トーカロ)

 ヤクルトは2回に2点を先制も、その裏に先発・館山が失策絡みで3失点。2点ビハインドとなった5回にはバレンティンの2号2ランで追いついたが、ここから楽天打線が引き離した。5回に後藤のタイムリーで2得点。7回には哲朗の2点タイムリーなどで5点を奪った。ヤクルトは2番手・新垣が3回3失点、3番手・竹下が1アウトしか取れず、3安打3四球で5失点と大乱調だった。

◇ソフトバンク 1-0 巨人(ユーピーアール)

 巨人は先発ローテ入りを目指す左腕・田口が6回2安打無失点で好投したが、打線が低調。初回、1番で起用された大田がツーベースも、得点につながらず。6回は先頭・片岡が中前打で出塁したが、今度は大田が三ゴロ併殺打に倒れた。一方、ソフトバンクは開幕1軍を目指す先発・東浜が4回を50球にまとめ、2奪三振無四球、2安打無失点と好投。7回にカニザレスが適時二塁打を放ち、こちらも開幕1軍入りへアピールした。散発3安打の巨人は完封負け。オープン戦3連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング